ページを選択

(以下の内容は、The Washington PostのNick AndersonとSusan Svrlugaによる記事、9 / 21 / 2015からの抜粋です)

米国大学協会は月曜日、性的暴行や性的不正行為の経験について27大学の学生に質問した調査の全体的な結果を発表し、150,000人以上の学生から回答を得ました。

大学のキャンパスでの性的暴行の測定

これらの27大学と大学生の女性に対する性的暴行の割合は以下のとおりです。

  1. カリフォルニア工科大学:13%
  2. テキサスA&M大学:15%
  3. アイオワ州立大学:19%
  4. テキサス大学:19%
  5. ケースウェスタンリザーブ大学:20%
  6. フロリダ大学:20%
  7. ピッツバーグ大学:21%
  8. パデュー大学:22%
  9. アリゾナ大学:22%
  10. コロンビア大学:23%
  11. コーネル大学:23%
  12. セントルイスのワシントン大学:23%
  13. オハイオ州立大学:24%
  14. ミネソタ大学:24%
  15. ノースカロライナ大学:24%
  16. オレゴン大学:24%
  17. バージニア大学:24%
  18. ブラウン大学:25%
  19. ミシガン州立大学:25%
  20. ハーバード大学:26%
  21. ミズーリ大学:27%
  22. ペンシルバニア大学:27%
  23. ダートマス大学:28%
  24. ウィスコンシン大学:28%
  25. エール大学:28%
  26. 南カリフォルニア大学:30%
  27. ミシガン大学:30%

調査によると、学部生の女性の23%と学部生の男性の5%が、力や無能力のために、浸透から性的接触に至るまで、合意に基づかない性的接触の犠牲者であると述べています。 学部生の女性の11%は、合意に基づかない挿入または挿入の試みの犠牲者であると述べました。

もう20つの重要な全体的な調査結果:学生の19%が、自分のキャンパスでの性的暴行と違法行為は非常にまたは非常に問題があると述べました。 AAUの調査の合計回答率はXNUMX%でした。)