ページを選択

21年2015月27日にワシントンポストが発行した記事は、「150,000の大学の学生に性的暴行と性的違法行為の経験について尋ねた調査の結果、XNUMX万人以上の学生からの回答を引き出した」と解明しました。 あなたは私たちの投稿を見てください。27大学での性的暴力と不正行為に関するアンケート詳細については、」を参照してください。

米国教育省の調査によると、「キャンパスで報告された強制的な性犯罪の数は、52年の2,200件から2001年には3,300件に2011%増加しました。」

現在、米国のトップクラスの大学の多くがレイプや性的暴行の捜査を受けています。 HuffPostの記事を参照してください。124カレッジ、性的暴行の取り扱いについて調査中の40学区。 

2014年1995月、米国司法省は、「大学におけるレイプと性的暴行の被害-高齢女性、2013年から1995年」というタイトルの特別報告も行いました。 この報告書は、「2013年から18年の期間、24歳からXNUMX歳の女性は、他のすべての年齢層の女性と比較して、レイプと性的暴行による被害の割合が最も高かった」ことを示しています。

今日の時点で、カリフォルニアとニューヨークは両方とも、キャンパスでのレイプと性的暴行を阻止するために「YesMeansYes」法を制定しました。 多くの裁判官や議員は、「イエスはイエスを意味する」法には欠点があり、解決するよりも多くの問題を引き起こすと考えていますが、ほとんどの人は、キャンパスでの流行のレイプを減らすことができると考えています。

「YesMeansYes」法の後はどうなりますか? Los Angeles Timesの記事は、「公的資金を受けているカリフォルニアの大学は、性的活動に従事する前に、学生が肯定的な同意を得る必要がある」と指摘しています。

「はいははいを意味する」法はまったく役に立ちますか? 待って見てみましょう。 時間は私たちに最良の答えを提供します。