ページを選択

ほとんどのアジア諸国では銃を手に入れるのは難しい。 日本を例にとってみましょう。 日本では、2012年までに銃に関連する殺人が年にXNUMX回しかないため、銃撃による死亡はほぼなくなりました。 日本人はどこでも安心です。 しかし、これはほとんどのアメリカ人には当てはまりません。

アメリカで日本人学生の数が減っている理由は理解できます。 公共の場での大規模な銃撃への恐れがこの現象の要因となる可能性があります。

米国でキャンパスシューティングがどのくらい速く成長したのですか?

「ロイターのレポート「アメリカの大学での銃撃戦がより致死的でより頻繁に報告された」がリリースされました。 恐ろしいのは、過去2005年間のキャンパスでの銃撃が急速に増加していることを統計が示していることです–大学のキャンパスでの銃撃はXNUMX倍になりました。 XNUMX年以来、XNUMX倍の人が負傷または死亡した。

2000以降のスクールシューティング(または刺す)

各州をクリックし、地図の下に詳細情報を表示してください。)