ページを選択

あなたはキャンパス外で働き、米国の学生である間に経験を積むのが好きですか? 問題ない。 米国政府は、特定の状況下で留学生があなたの学校で働くことを許可することができます。

CPTを使用する場合

Curricular Practical Training(CPT)は、プログラムで最初の学年の後に研究のために働く必要がある場合のニーズに適合します。 大学院生の場合は、許可されてから最初の学年で働くことができます。

 

CPTに関する規定

米国入国税関執行機関によると、CPTは次のとおりです。

  • あなたの専攻と経験に不可欠なものはあなたの研究プログラムの一部でなければなりません。
  • 大学院レベルで登録する場合、プログラムでこの種の経験が必要な場合は、指定された学校関係者(DSO)が最初の学期にCPTを承認することがあります。 詳細については、DSOにお問い合わせください。
  • あなたのDSOはあなたに新しい フォームI-20、「非移民の在留資格認定証明書」 DSOがあなたにこの雇用を承認したことを示しています。
  • フルタイムでもパートタイムでもCPTで働くことができます。
  • CPTには、署名された協同協定または雇用主からの手紙が必要です。
  • フルネームCPTの12ヶ月以上がある場合、あなたはOPTの資格がありませんが、パートタイムCPTは問題ありません。OPTをやめることを止めません。

(注:OPTはオプショナルプラクティカルトレーニングの略です。このトピックについては別の投稿で説明します。CPTとOPTの違いについても説明します。)

 

カリキュラム実践訓練の申請

  • あなたの研究に関連していなければなりません。
  • 初年度以降である必要があります(大学院生で、学位取得にCPTが必要な場合を除きます。許可が必要です)。
  • 合計で12ヶ月を超えることはできませんでした。 (12ヶ月になるとOPTの対象にはなりません)。
  • F-1ビザ保有者であり、学位プログラムに登録している必要があります。
  • 交換留学生はCPTを受けることができません。