ページを選択

大学生からの個人情報の盗難はますます問題になっています。 これはXNUMXつによると Javelin Strategy&Researchによる2018年の調査レポートカリフォルニアの金融調査会社

学生の22パーセントは、自分が債権回収者またはクレジットを拒否されたときに、身分詐欺の被害者であることを通知されました。これは、平均的な詐欺被害者の3倍です。

「個人情報の盗難」とは何ですか? 誰かがあなたの身元を盗み、あなたの名前で何かをするとき、それは「個人情報の盗難」と呼ばれます。 正確には、誰かがあなたの個人データ、銀行口座、クレジット/デビットカード(番号)、社会保障番号などのあなたの個人情報を盗み、彼または彼女があなたになりすますことを意味します。

(注:社会保障番号(SSN)はF-1留学生に自動的に割り当てられません。銀行口座を開設したりユーティリティサービスをリクエストしたりするためにSSNを持っている必要はありません。留学生はSSNを申請する必要があります彼または彼女がキャンパス内またはキャンパス外で働くとき。)

ニキビ後の跡が目立たないよう設計されており、さらにより少ない処方で効果的なものは 4種類の個人情報の盗難、による ADT。 ただし、ADTが言及するこれらXNUMX種類の個人情報の盗難は、留学生には一般的ではありません。 しかし、米国で留学生として個人情報の盗難の被害に遭ったことがある場合、誰かが銀行口座を開設し、オンラインおよびオフラインで購入するためにあなたの名前でクレジットカードを申請する可能性が高くなります。

身元が盗まれた場合はどうすればよいですか? 身を守るためにあなたが取ることができるいくつかの即時のステップがあります。  ADTは彼らの洞察を共有します:

  1. 次のURLで連邦取引委員会(FTC)に個人情報の盗難報告を提出してください。 IdentityTheft.gov.
  2. 警察の報告書を提出し、そのコピーを保管してください。 あなたの警察の報告はあなたの口座から不正な借金を取り除くのに役立ちます。
  3. 不正の疑いがある企業または関係する企業に報告してください。 あなたの身元が盗まれたのではないかと非常に明確にしてください。
  4. 開かれた詐欺口座を凍結または閉鎖します。
  5. 大きな3つのクレジットビューローのうちの1つを使ってID詐欺警告を出します -  エクスペリアン, エクイファックス 及び TransUnion。 彼らは他の2人と連絡を取るために必要とされるので、あなたは1人と連絡するだけでよいです。
  6. あなたの信用報告書を確認してください。 あなたは3クレジット局やワンストップサービスアプリでこれを行うことができます。
  7. すべての主要アカ​​ウントのパスワードとPINを変更します。
  8. あなたがタックスアイデンティティまたは子供のアイデンティティ窃盗を経験した場合は、記入して提出する  IRS 14039フォーム (個人情報の盗難宣誓供述書)
  9. お問い合わせください 社会保障行政 社会保障番号が不正に使用されていると思われる場合
  10. 詐欺防止のため、最初の1年間はあなたの信用報告書を定期的にチェックしてください。 あなたの要求に応じて12ヶ月毎にあなたの信用報告書の無料コピーをあなたに提供するために大きい3つの全国消費者報告機関があなたに提供することを要求されることを覚えておいてください。

個人情報の盗難への対処は、時間と労力を要するプロセスになる可能性があります。 満足のいく結果が得られるまで最大XNUMX年かかる場合があります。 米国の留学生として、あなたはあなたの個人データを与えることに非常に注意する必要があります。 個人情報の盗難を防ぐためにできることは次のとおりです。

  1. 個人情報を提供する前に、あなたの学校の国際オフィス、あなたの雇用主、または学校の管理者に相談してください。
  2. 個人データ(銀行口座番号、クレジット/デビットカード番号、SSN、パスポート、運転免許証)を安全な場所に保管してください。
  3. あなたの個人データを求めている郵便、電子メールまたは電話にすぐに応答しないでください。
  4. 米国の当局者は、電話で手数料の支払いを求めることは決してありません。
  5. ほとんどのオフィス(学校、銀行、米国政府)は、電子メールや電話でSSNや個人のパスワードを要求することは決してありません。
  6. インターネット閲覧セキュリティに注意してください。 ログイン情報とパスワード情報をコンピュータに保存しないでください。
  7. 電話詐欺: あなたに電話をかけた人がすぐに行動を起こすことを主張する場合は、彼または彼女の名前と電話番号を尋ね、数分以内に電話をかけ直すと言います。 それから他の人(あなたの学校の国際事務局を含む)に依頼が合法的かどうか尋ねます。