ページを選択

4。 STEMメジャーの卒業生は、より高い就業率を持っています

最も多くの卒業生の中でトップ3の就職率を持つメジャー:

  • コンピュータ工学(76%)
  • 機械工学(75%)
  • 電気・電子工学(75%)

5。 OPTの承認を受けた人の50%以上が中国およびインド出身です

以下の表のデータは以下のとおりです。

  • ピュー研究所、2012-15年:国およびOPT承認済み
  • 国際教育機関、2008-2011:学生番号用

6。 これらの4諸国の留学生は主にSTEM分野に在籍しています

STEM分野の留学生の割合:

  • インド:84%(米国の大学で勉強しているインドの学生のうち、STEMメジャーがいる)
  • イラン:79%
  • バングラデシュ:74%
  • スリランカ:70%

注:米国の大学の中国人学生の54%のみがSTEMの分野にいます。

7。 OPTとトップフォーチュン500

Pew Reacher Centerによると、「4年から2012年までのOPTプログラムで雇用された企業のうち、フォーチュン2015の大手テクノロジー企業10社で働いていたのはわずか500%でした」。

ほとんどの労働者がOPTプログラムの下にある米国企業:

  • Amazon:1,936(労働者)
  • インテル:1,563
  • クアルコム:1,080
  • Microsoft :: 1,067

8。 ほとんどのOPT認定を受けたトップ10の大学

OPTの承認が最も多い10の大学は、13年から2012年までの就職を希望するすべてのプログラム参加者の2015%を占めました。」 上位XNUMX大学は次のとおりです。

  • 南カリフォルニア大学:7,485(参加者)
  • コロンビア大学:7,116
  • ニューヨーク大学:5,260

 

トランプの下での高い不確実性

トランプ政権は、いくつかの既存のOPTおよびH-1Bビザプログラムを取り消す可能性があります。 これまで、STEM分野の留学生は、米国で最大36か月間OPTに従事することができました。 近い将来、この規制は、トランプの大統領命令「アメリカ人を買う、アメリカ人を雇う」のために効力を失うかもしれません。