ページを選択

米国の留学生の分析に焦点を当てた年次刊行物であるOpenDoorsによると、20,300,000年から2014年の間に大学生(アメリカ人を含む)の総登録者数は2015人でした。 2013〜2014年のその数と比較すると、この数字はほぼ1万人の学生を減らしました。 しかし、留学生の入学者数は増え続けています。

2014年から2015年の間に、米国には970,000人以上の留学生がいました。 これは過去最高の数です。 前年比10%の伸びです。 ほとんどの留学生が米国でどこで勉強しているのか不思議に思うかもしれません。以下では、OpenDoorsとUSNews&WorldReportのデータを組み合わせました。 両方のソースからのデータは多少異なりますが、本質的に同じ結論に達することがわかりました。


世界 OpenDoorsのデータ 留学生番号を記載した学校を次のように表示します。

  • ニューヨーク大学(ニューヨーク州ニューヨーク)– 13,000人以上(留学生)
  • 南カリフォルニア大学(ロサンゼルス、カリフォルニア州) - over 12,000
  • コロンビア大学(New York、NY)-over 11,000
  • アリゾナ州立大学(アリゾナ州テンプル)-11,000経由
  • イリノイ大学–アーバナ-シャンペーン(イリノイ州シャンペーン)-11,000以上
  • ノースイースタン大学(マサチューセッツ州ボストン) - 10,000
  • パデュー大学 - ウェストラファイエット(ウェストラファイエット、IN) - オーバー10,000
  • カリフォルニア大学ロサンゼルス校(ロサンゼルス、カリフォルニア州) - 10,000
  • ミシガン州立大学(イーストランシング、ミシガン州)-over 8,100
  • ワシントン大学(シアトル、ワシントン州) - 8,000
  • ボストン大学(ボストン、ワシントン州) - 7,800

US News&World Reportによると、以下の学校は生徒の19%以上が外国人で構成されています。

  • フロリダ工科大学(フロリダ州、メルボルン)-33%
  • New School(New York、NY)-32%
  • イリノイ工科大学(イリノイ州シカゴ)-30%
  • タルサ大学(タルサ、オクラホマ州)-27%
  • リン大学(フロリダ州ボカラトン)– 23%
  • カーネギーメロン大学(ペンシルベニア州ピッツバーグ)-21%
  • アンドリュース大学(Berrien Springs、MI) - 20%
  • カリフォルニア大学(La Jolla、CA) - サンディエゴ
  • ボストン大学(Boston、MA)-19%
  • ノースイースタン大学(Boston、MA)-19%
  • サンフランシスコ大学(サンフランシスコ、CA)-19%

これらのXNUMXつの情報源から、留学生は大都市にある学校を好むと結論付けています。 しかし、授業料と生活費が上昇しているため、新しい留学生は、より手頃な価格で、生活費がそれほど高くない小さな都市や町にある米国の大学を選ぶことを検討するかもしれません。 これが私たちが情報を集めた理由です 見積もりコスト あなたの米国の大学選択の幅広い視野を提供します。